見出し画像

IoT住宅で繋がる未来【後編】

画像1

画像2

画像3

画像4

前編では最新鋭のIoT プラットフォーム『HomeX』についてご紹介した。
部屋でゴロゴロしながら、タッチパネル一つで風呂も沸かせるし、シャッターも開け閉めできる。
自炊が面倒な時でも、好みに合った料理を提案してくれて、食材の配送注文から料理機器の設定までしてくれる。
この時点で、筆者のようなズボラな人間でも真っ当な生活が送れそうな、充実したサービスだと感じるが……。
パナソニック ホームズの商品開発企画部・鎌田剣さんによると、IoT機器を活用するだけではなく、もっと広い展開を考えているという。
HomeXは、そしてIoT住宅は、今後どのような暮らしをもたらしてくれるのか!?

■世界を繋げる、未来のIoT住宅

HomeXがこれからの構想として考えているのが、様々なサービスとの連携だ。

たとえば、体調が悪くなったとしよう。
病院に行くには移動の手間があるし、待合室では長い時間待たされる。
昨今の情勢をふまえると、感染リスクの不安もあるかも知れない。

だがIoT住宅と病院が連携すれば、医療の在り方も変わる。
家の中にバイタルセンサーを設置して、体調の悪い者や高熱の者がいれば即座に感知。
外部の医者に連絡がいき、オンライン診断を受けられるようにする……。

家にいるだけで体調不良にすぐ気付いてもらえて、診断までスピーディに受けられるのだ!

他にも、栄養士と連携すれば、適切な栄養のレシピの提案から、食材の配送、調理機器の設定まで自動で行えるはずだ。
子供の見守りサービスと連携して、家の中にいる小さな子供をカメラ等で見守ってもらい、異常があればすぐ対応してもらうことも可能だろう。

「家の中だけでなく、家の外も含めて、暮らし全体を良くしていくのが目標です」
と鎌田さんは語る。
家電・設備を活用することだけが、IoT住宅ではない。
世界中のサービスと繋がり、暮らし全体を向上させることが可能なのだ……!!

■三世代リモート同居時代に!?

さらに想像を広げてみよう。
IoT住宅なら、他のIoT住宅とインターネットを通じて繋がることも可能なはずだ。

少子高齢化のこの時代、年老いた両親との同居を検討する者も多いだろう。
だが同じ家で暮らすと、
『プライベートの時間が確保できない』『常に気を遣わないといけない』
などの問題が持ち上がる。
そんな問題も、未来のIoT住宅なら解決できる可能性がある。

祖父母世代・親世代・孫世代の家にそれぞれIoT設備を導入すれば、別々の家に住んでいても、ディスプレイ越しにいつでも連絡が取り合える。
食事の際には、VR機器などにより一つの部屋に疑似的に集まって、家族団らんの時間を楽しめる。
バイタルセンサーにより、離れた場所に住む家族の体調不良にもすぐ気付けるから、年老いた祖父母がいても心配はない。

別々の家に住みながらも、家族の時間を共有して、支え合うことができるのだ……!

■受け継がれていく暮らしの記憶

ここで、筆者の脳裏に一つの疑問が沸いた。
引っ越しや子供の独り立ちにより、今住んでいるIoT住宅を離れる場合はどうなるのだろうか。
データが蓄積されて自分に最適化されたAIを捨てるのは、住人にとって大きな損失になりそうだが……。

「その場合は次の家でも、蓄積された暮らしのデータを引き継げるようにしていきたい
と鎌田さんは語る。
つまり別の家に移っても、蓄積された暮らしのデータを引き継いでいけるのが、未来のIoT住宅というわけだ。

親世代が住んでいるIoT住宅で学習したデータを、独り立ちした子供世代の住宅が引き継ぐ。
その後も孫世代、ひ孫世代の住宅にも、それまでの暮らしぶりのデータが受け継がれていく。
そんな風に、現在の住人だけではなく、子孫にまで家族のように寄り添っていく

それこそが、未来のIoT住宅なのかもしれない……。


漫画構成=こうや豆腐@toufu_0141)、神代徒華(@rakugaki_toka
取材・文=茶谷葉(@tyatani_you
編集=伊勢村幸樹


編集部Twitter:@if_comic
編集部Facebook:ifmanga
編集部Instagram:ifmanga


if -イフ-Twitterでは、毎日情報更新をしています!ぜひフォローをしてください!

ありがとうございます! 更新情報はifのSNSからお届けしています!!
10
未来をインストールしよう。 「社会の問題を解決したい」「もっと楽しい世界にしたい」 そんな情熱を持った挑戦者たちが目指す未来を マンガで伝えるメディアです。 運営:幻冬舎ブランドコミック

こちらでもピックアップされています

未来想像インタビュー
未来想像インタビュー
  • 60本

「テクノロジーで世界を変える」スタートアップ企業や、新たな挑戦をする既存の企業を取材し、その世界観や想いをマンガで伝えます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。