森美術館_前編イラスト02

人類の未来が、想像以上にエンタメだった件について!!!!【未来と芸術展ルポ/前編】

森美術館_

森美術館_前編02


突然だけど、
皆さんにとって、未来って明るい? 暗い? どっち派?
私はDANZEN暗い派。

そんな私、斎藤と
イフ編集部メンバーの檜山で行ってきたのが、六本木・森美術館で開催中の特別展。

未来と芸術展-AI、ロボット、都市、生命―――人は明日をどう生きるのか-

“マンガで未来を想像するメディア” としては見逃せないこの展示に行けば、人類の未来がわかるかもしれない!!!!!
(冒頭の「あれから」を聴いて、目頭が熱くなったのは内緒)


■未来の都市ってなんだ?

入場してすぐ、
「都市」についてのジオラマと共に様々な未来が提示されていました。

・中国の斬新なデザインの建築
・フロート上に浮かぶ、家族単位の暮らしが寄り集まって出来る水上都市
・温暖化が進んだ東京の近未来都市
・NEW出島と称して霞ケ関上に作られた大きな屋根のような都市
などなど

様々な角度から「都市」へアプローチをしたジオラマは、SFXの世界に入り込んだような、小さい頃の秘密基地に戻ってきたような気分になった。

森美術館_前編イラスト01

……あれ? みんな秘密基地作ってたよね?
ワクワクしながら雑木林の中に、見様見真似のツリーハウスとか作ってたけど。今考えると恐ろしいな…。


■建築の未来とはなんぞや

「都市」に関する展示が終わると、
次に姿を現したのは「建築」の未来だった。

3Dプリンターを使った建築や、木材と布で考える新しい建築。
火星につくるNASAの居住空間についての展示まであった。
(やはり未来に宇宙は欠かせないよネ……!)

更には、AIを活用した建築デザインや、ロボット・ドローンによって建てられた建築物などが展示されているのだが…

「無意識の欲求や脳波から建築する……?」
「自己増殖する集合住宅……?」

おや、なんだ様子がおかしいぞ。
あれかい? もしかして君も、未来は暗い派かい?

森美術館_前編イラスト02

私は心の中でニヤニヤしながら歩を進めることになる。
心の中だけだったよね? たぶん。


■VR/AR、AIの活用、最新テクノロジーへ

「建築」のゾーンを抜け、我々はファッションやVR/ARの展示ゾーンに入った。「ライフスタイル」と最新技術の組み合わせを展示するゾーンだ。

冒頭から、ペアで自動運転をVRとARで体験できるスペースがあったのだが…
まさかのブルースクリーン…、体験できず。
大丈夫か! 未来!

後で見に行ったら、正常に動作していたので、
これから行く方はぜひ体験してみて欲しい。

更にその奥、最新テクノロジーの展示ゾーンでは、
3Dプリンターでつくるお寿司。
(イカでお城を作るのはどうなの)
アフリカで導入された昭和感あふれる交通整理ロボ。
(そのロボ意味あるの…?)
通行中の危険に対してAIが取捨選択する倫理的な問題。
(利益優先主義だと、一般市民よりもアメリカ大統領を優先してる…)

そして現れる……
iPS細胞により培養されたシナプスを外部思考装置として接続されたシンセサイザー。

森美術館_前編イラスト03

※画像はあくまでイメージ。実際の展示物はぜひ現場で!


おや、なんだか様子がおかしいぞ…?(本日2回目)


どうなるイフ編集部!どうなる特別展!?
果たして、人類の未来に明るい希望は存在するのか!?
後編に続く……!!


漫画・イラスト=いこ(@sabakaburi
取材・文=齋藤春馬 編集=檜山(@mek_sake
編集部Twitter:@if_comic
編集部Facebook:ifmanga
編集部Instagram:ifmanga

この記事が参加している募集

14
未来をインストールしよう 「社会の問題を解決したい」「もっと楽しい世界にしたい」 そんな情熱を持った挑戦者たちの未来像を マンガで伝えるメディアです。 運営:幻冬舎ブランドコミック
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。