名称未設定_1

「波動! 違う、始動!」HADO部活動記録 #1


以前公開した、HADOの開発元meleapさんをおぼえていますか?
愛・おぼえていますか?

スポーツ3.0時代到来! テクノスポーツ「HADO」は無限の可能性を秘めていた【前編】>

この取材時に体験させていただいたHADO。
編集長(仮)と私、齋藤は思いました。

「むちゃくちゃおもしれぇ!!!!!」

ということで、編集部内にHADO部を設立。

定期開催されているHADOアカデミーに参加すべく、
副編集長と、漫画家を巻き添えにmeleapさんに乗り込んだのでした。

<プレイヤー選択>
編集長(仮) : 運動神経が良い
副編集長   : 身軽だけどインドア派
ライター   : インドア系アウトドア派
漫画家    : 一番若い


■いざHADOアカデミー! 基礎能力をチェック!

平日20時、日比谷にあるmeleap本社には、想像より人が多い…
こんな時間にも関わらず、HADOアカデミーも定員いっぱいでした。

入念に準備体操からの…

まずは基礎能力チェック!
ということで、2on2で攻撃と回避に分かれてエナジーボールを、
・どれだけ避けられるか
・どれだけ当てられるか
を計るための
「DEAD OR LIVE」
「8COUNT CHANGE」
をプレイ。

詳細のゲーム内容が知りたければ、君もぜひHADOアカデミーへGO!だ。

そしてまたこれが悔しいことに。
編集長(仮)が強いんですよ。

画像1

超避ける。

80秒間で私が編集長(仮)に当てられた回数が8回
逆に私が編集長(仮)に当てることが出来た回数……

0回

初心者にしたってひどい。

■まさかの伏兵 副編集長の逆襲

1時間ほどレクチャーを受けながらHADOの基礎を学んだ我々は、CPUを相手に
回避力を計る「KEEP DODGING」
チャージ力を計る「USED BULLET CHALENGE」
をプレイ。

因みに、ARで架空のCPUが出現する様子は、近未来感ここに極まれりである。

そして、回避力・チャージ力ともにナンバーワンの記録を残したのは……

もえこ 副編集長!!!

檜山さんHADO

当時を振り返る檜山氏のコメント
「無我夢中で覚えてないけど、こんなスタイリッシュに避けてたはずはない」

■HADOはまさに“スポーツ”だった!

ちなみに、私ことライター齋藤は、

画像3

ブザービーターでナンバーワンを逃しました。

直後の一言
「いつも一歩足りないんです……(息切れ)」

HADOアカデミー初回講座を受けた我々HADO部ですが、
一言で言うならば、

HADOはスポーツである。

ということでしょうか。
いや、そんな当たり前のこと。みたいな声が聞こえてくるけれども(幻聴)

AR×スポーツと聞いて、やはりeスポーツのようなイメージを持ちがちですが、
全くそんなことはなく、彼ら自身が「テクノスポーツ」と呼ぶにふさわしいリアルなスポーツとテクノロジーの融合を肌で感じることが出来ました。

次回、3月末ごろにHADOアカデミー2回目の受講レポを乞うご期待!

最後の紅白戦では齋藤が、
「疲れるのは嫌なのでシールドに極振りしたいと思います」作戦を決行。
尚、シールドは堅かったけど敵を倒せなくて負けた模様。

漫画=神代徒華(@rakugaki_toka)
文=齋藤春馬(@st_hl_

編集部Twitter:@if_comic
編集部Facebook:ifmanga
編集部Instagram:ifmanga

この記事が参加している募集

部活の思い出

ありがとうございます! 更新情報はifのSNSからお届けしています!!
5
未来をインストールしよう 「社会の問題を解決したい」「もっと楽しい世界にしたい」 そんな情熱を持った挑戦者たちの未来像を マンガで伝えるメディアです。 運営:幻冬舎ブランドコミック
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。