見出し画像

10年後はAIが人生を予測する? 感性を学習するAIが描く‟これから”の人生観【後編】

画像4

画像2

画像3

画像4


前編取材後、
「待って、人間そっくりに考えるAIが出てきたら、自分と同じように考えるAIが作れるんじゃない!?」「そしたら、そのAIに働かせればよくない!?」と盛り上がった編集陣。
果たして、本当にそんな未来がくるのか。
後編では「感性を学習するAIが描く新しい世界」について迫ります!


そもそも人間のように考えるAIとか簡単に言いますけれど。
実際になにがどうなったらそんなものが生まれるのでしょうか。

そんなAIが作れたとして、ゴースト(魂)はどこに…

でも聞いたことがあるぞ。
人間の脳は、言ってしまえば科学で再現不可能な高性能電子回路のようなものだと。そして、脳型のコンピュータの開発も進んでいるとか。

つまり身体をもたない、データ上の人類ができる……?

そんな ‟極端な話” についてSENSY株式会社・代表取締役CEOの渡辺 祐樹さんから伺うことができた。


■インプットとアウトプットの関係

インプットとアウトプットには明確な因果関係があり、インプット(知覚した情報の積み重ね)によって、人間のアウトプット(行動や思考)は生まれる。これは間違いない。

というか、非常に研究者な言い方をしているが
文章・映像・イラスト・マンガ……
クリエイティブな仕事をする人々は常に同じことを考えているはずだ。これを分析すれば、パーソナルに最適なマーケティングも可能であるし……

ただ、この「インプットとアウトプットの因果関係」という奴を解き明かすことは非常に難しい。自分が好きな服があるとして、なぜそれが好きなのか。なぜ同じ型の色違いではいけないのか。どういった理由から、自分がその服を好きだと思うようになったのか。言葉で綺麗に説明できる人間は少ないだろう。

「だからこそ、AIなら解析できる可能性があるのです」
そういって優しそうに笑う渡辺さん。


あれ?
それじゃあ……この文章を書いている自分も……
(肩をたたかれて後ろを振り向く)
「あ、おまえ……、いや、俺か……?」


■究極! もう一つの現実世界をつくりだす

……ふう。
なんだかもう一人の自分と出会った悪夢を見ました。
閑話休題。

さて、
自分とまったく同じ知覚体験や行動データを同期したAIが存在したとして、
自分とまったく同じ感性を持って行動予測が出来るAIが生まれたとして、
自分とまったく同じ衣食住の環境を仮想空間に作り出すことができたとして、

それって、リアルそっくりな仮想世界とそこに住むもう一人の自分を作り出すことが可能なのでは?
何か商品を作ったら、現実世界で販売する前に、仮想世界で配布する。そうすれば、発売後のリアルな反応を予測することができるということですよね?

極論、だれにどんなものをどのタイミングで提供する必要があるかも予測が可能になるわけで、効率化の先に、ハイパー便利なAIパーソナルマーケティングが完成する……?

これってビジネスの在り方を根底から変えてしまうかも知れない技術なのではないか。


■これからのSENSYについて

「感性」という、今後非常に重要な情報の解析を行うSENSY。
その原理原則は「巡り巡って必ず消費者のためになる活用方法をする」というもの。

現在でもWEBの閲覧履歴やGPSの行動分析といった、ビッグデータ解析は行われている。これらは、なにか重要なデータのような気がするけれど、まだ価値が分かっていない個人情報だ。価値が分からないのは、そういった個人情報を価値に転換しているサービスが少ないから。もっとうまくデータを活かしたサービスが出てくれば、情報の市場価値も上がっていくはず。

そういった未来の動きも、「すべて消費者のためになるような形にしたい」と渡辺さんは語る。

そんな未来に期待しつつ、もし本当にもうひとりのぼくが生まれたら、ぼくはもう働きたくないでござる。

【編集後記】
AIに関わらず、最先端の技術というのはなかなか理解しづらいもの。だからこそ漠然とした不安を感じがちですが、こうやって第一線で活躍する人の信念をきくと少しほっとできるのではないでしょうか。

感性を学習するAIは、「作業が得意な新人君」として私たちの日常を支えてくれるでしょう。魔法使いのように、すべてを解決してくれるわけではないけれど、頼りがいのある相棒として仕事・プライベート共に支えてくれる存在になるはず。

そして今は感性というしかない、膨大な量のインプットとアウトプットの因果関係を解き明かせたら、その先にはデータ上で会える「もう一人の自分」が生まれてくるのかもしれない。編集部も、メールの返信ぐらいであれば、寝ているうちにもう一人の自分がやってくれる未来を期待します!

漫画=田丸こーじ(@koji_tamaru
取材・文=齋藤春馬 編集=檜山(@mek_sake

編集部Twitter:@if_comic
編集部Facebook:ifmanga
編集部Instagram:ifmanga


if -イフ-Twitterでは、毎日情報更新をしています!ぜひフォローをしてください!

ありがとうございます! 更新情報はifのSNSからお届けしています!!
9
未来をインストールしよう。 「社会の問題を解決したい」「もっと楽しい世界にしたい」 そんな情熱を持った挑戦者たちが目指す未来を マンガで伝えるメディアです。 運営:幻冬舎ブランドコミック

こちらでもピックアップされています

未来想像インタビュー
未来想像インタビュー
  • 60本

「テクノロジーで世界を変える」スタートアップ企業や、新たな挑戦をする既存の企業を取材し、その世界観や想いをマンガで伝えます。

コメント (3)
私も、AIによるシミュレーション最適化により、人、企業、地方自治体、国家、世界が全て最適な挙動を取るようになると、予測しています。しかし、このような全てが最適な挙動を取ろうとした場合、自己矛盾に陥るのではないかとの懸念があります。全ての主体にとっての最適は不可能ではないかと。或る主体(例えばAさんやA会社)にとっての「最適」は、他の主体(例えばBさんやB会社)が「最適」でない挙動を取るという犠牲の上に成り立つものでは。つまり、世の中の森羅万象はゼロサムの要素を有しているのではと。
 そうだとすれば、この自己矛盾の問題をどう解決すれば(折り合いをつければ)よいのか? ゼロサムによる自己矛盾が生じない画期的なテクノロジーは存在しないのか?
テクノロジー発展の歴史を振り返れば、革新的テクノロジーが誕生して普及するまでの過渡期においては、その革新的テクノロジーを採用していない主体が犠牲になるため、上記ゼロサムの問題は起こらず、ほぼ普及し終わった段階でゼロサムの問題が生じます。その段階になると、また新たな革新的テクノロジーが誕生し、しばらくの間ゼロサムの問題が生じません。このような繰り返しを延々と繰り返してきたのだと思います。つまり、「新テクノロジーへの鞍替えの繰り返し」が、上記自己矛盾の問題の解決方法でした。
 そうだとすると、ゼロサムによる自己矛盾が生じない画期的なテクノロジーが仮に誕生したとすれば、それ以降、新テクノロジーへの鞍替えの必要性がなくなり、テクノロジーの発展がストップのでは。だとすると、そのような画期的テクノロジーなど、誕生しない方がよいのか?
 いろいろと考えさせられるテーマです。
人間の欲望がある限りテクノロジーは発展し続けますが、その結果ゼロサムではなく全員が満足いく幸福を手に入れれば、人間の欲望は消え、テクノロジーの発展は止まるかもしれません。ただしそのような楽園においてもアダムとイブは禁断の果実に手を出してしまったというのが聖書の教えです。つまりこれは有史以前からの問題であり、人間が存在する限り欲望を叶えるための進化は止まらないということです。それが止まるとすれば核戦争により人類が絶滅したときですが、その前に火星移住が実現するでしょうし、新たな知的生命体が発生した時点で同じことが繰り返されるでしょう。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。