見出し画像

【好きなもの×未来】水曜どうでしょうが2030年あたりに制作してたらこんな感じ

おはよぉーございます!
ご存知! if編集部でございますよぉ
奥さん、知ってるでしょお

ということで、書いている私は平岸高台公園の気分です。
if編集部の誇る「どうバカ」もしくは「どうでしょう藩士」と呼んでほしい男ナンバーワン。
それが私、齋藤です。

このメディアに関わってから、ふと思うことがあります。

「どうでしょうの企画が未来にあったらどんな感じですかね?」

学生時代、一度だけお会いしたことがある藤村ディレクター。
我が母校で開かれた講演会の後、居酒屋のトイレでばったり。
打ち上げをされているところにお会いしました。

なし崩しに、ご一緒することになり僕の格好が作務衣だったもので、
「おまえ店員かと思ったよ! ガハハハハハ」
と言われました。

その後、作務衣着てアフリカ行ってたのはあんたらじゃねーか!

と、私信というか私心はここまでにしますが。
様々な企業に取材させていただいた中で見えてきた未来像。

その中にどうでしょうがあったらどうでしょう?

■無感動ラストラン!? ベトナム縦断エアーモビリティ

どうでしょうの中でも、群を抜いて人気の高い原付企画。
東日本、西日本、日本列島制覇、そしてベトナム縦断。

彼らは原付バイクならではの辛さを肌で感じ、トラブルにも見舞われました。
「なまら怖かったよ!」と叫んだ、だるま屋ウイリー事件。
「風と寒さと臭いと危険を感じるよぉ!」と叫んだ原付東日本の序盤。
そしてベトナムではパンクに見舞われ、鍵を落とし、涙のラストラン。

もし彼らの旅にA.L.I.のエアーモビリティがあったら…?

if_1 文字入れ

■AI自動運転でトローリー! 四国八十八ヶ所巡拝

こちらも人気の企画、四国八十八ヶ所。
絶景を見飽きて、山道に車酔いをしながらも、全国の受験生のために合格祈願をするこの企画。

もしAI自動運転が整備されたら……

if_2 文字入れ

なんやかんやで大泉さんはずっと酔いのツボを押してるのは変わらなさそう。

■パイ生地を腐らせない?完璧に管理された夏野菜スペシャル!

「おい、パイ食わねぇか」
大泉さんが藤村さんの家族をパイまみれにしようとした夏野菜スペシャル。
夏野菜で料理をするはずが、まさかの開墾から始める超企画。

PLANTIOのような新たなアグリテックが存在したらどうなってたんだろう。
もっと進化したら、自動で栽培してくれちゃうんじゃないかな?

if_3 文字入れ

まあ、大泉さんはずっとボヤいてるんだろうなあ。

■好きなモノ×未来 企画について

if編集部が好きなモノと未来を掛け合わせたらどんなものが生まれるのか。
というくだらなくも、一番面白いコンセプトの企画でした。
いかがでしたか?

これからもっといろんな可能性が生まれると思います。
自分事になるためには、好きなモノと掛け合わせてみたらいいのでは!?
というアイディアをカタチにしてみました。

次回からも引き続きよろしくお願いいたします!

文・編集=齋藤春馬(@st_hal_
編集部Twitter:@if_comic
編集部Facebook:ifmanga
編集部Instagram:ifmanga

if -イフ-Twitterでは、毎日情報更新をしています!ぜひフォローをしてください!

ありがとうございます! 更新情報はifのSNSからお届けしています!!
4
未来をインストールしよう。 「社会の問題を解決したい」「もっと楽しい世界にしたい」 そんな情熱を持った挑戦者たちが目指す未来を マンガで伝えるメディアです。 運営:幻冬舎ブランドコミック

こちらでもピックアップされています

if編集部
if編集部
  • 27本

if編集部員の日常やメディアへの思い、取材後記などを紹介しています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。