未来想像インタビュー

61
そして、人類は進化する!あらゆるモノにAIがinside(内包)されて、世界が変革される未来!【後編】

そして、人類は進化する!あらゆるモノにAIがinside(内包)されて、世界が変革される未来!【後編】

『誰でもAIを作れるツールの普及』は、AIクリエイターの数を飛躍的に増やす。 各業界の人間がこぞってAIを開発して、作られたAIはマーケットプレイスで販売・シェアされ、世界中が一気に変革されていく。 全人類AIクリエイター時代という未来が、間もなくやってくるはずだ! 『世界中の人・物にAIを届け、豊かな未来社会に貢献する』というミッションを遂行するAI insideの渡久地社長とは何者なのか!? 誰もがAIを作れるようになると、社会はどう変革されるのか!? さっそく

スキ
9
『AIを使う』だけなのはもう古い!?AIを自分で作って、世界中にシェアする時代に!【前編】

『AIを使う』だけなのはもう古い!?AIを自分で作って、世界中にシェアする時代に!【前編】

Amazonなどの通販サイトやGoogle検索、家電、セキュリティ界隈など、AIは幅広い分野で活用が進んでいる。 もはや誰もがAIを利用することが当たり前になり、我々消費者も自覚のあるなしに関わらず恩恵を享受している。 だがその更に先の、『誰もがAIを作れる未来』を目指す人々がいる! もし誰もがAIを作れるようになったら、世界はどう変わるのか? 自分専用にカスタマイズされたドラえもんのようなお助けロボットを、一人一台持つようになる? 誰でも簡単にAIを作れるツール「

スキ
26
【SkyDrive】空飛ぶクルマが目指す未来~100年に一度のモビリティ革命実現に向けて~【後編】

【SkyDrive】空飛ぶクルマが目指す未来~100年に一度のモビリティ革命実現に向けて~【後編】

前編では、株式会社SkyDriveが開発している『空飛ぶクルマ』の特長や開発の歴史について説明した。 とはいえ、まだ夢物語の感覚があるかもしれない。 だがその夢の実現は意外に近い。すでに行政まで動き出している。 大阪府の吉村洋文知事が2020年の11月に、「空の移動革命社会実装大阪ラウンドテーブル」を設立した。2025年開催の「大阪・関西万博」で『空飛ぶクルマ』を飛ばす計画だ。もちろんこの計画には、SkyDriveも参画している。 『空飛ぶクルマ』はいつ、どのように

スキ
11
【SkyDrive】空飛ぶクルマが常識を覆す~誰もが自由に空を走る未来~【前編】

【SkyDrive】空飛ぶクルマが常識を覆す~誰もが自由に空を走る未来~【前編】

『空飛ぶクルマ』と聞いてあなたはどのような物をイメージするだろうか?   ドラえもんや鉄腕アトム、スターウォーズなど、多くの人は映画やアニメのSF作品を思い浮かべるかもしれない。つまり夢の世界ということである。 そんなSF世界の産物を、今まさに実現しようとしている人がいる。 その人こそ、今回取材させていただいた株式会社SkyDrive代表の福澤知浩さんだ。 SkyDriveは日本初の『空飛ぶクルマ』を開発している会社であり、2023年度の実用化を目標としている。202

スキ
11
【ALE】地球と宇宙の未来を照らす人工流れ星~気候変動メカニズムの解明から宇宙文化圏まで~【後編】

【ALE】地球と宇宙の未来を照らす人工流れ星~気候変動メカニズムの解明から宇宙文化圏まで~【後編】

宇宙スタートアップ企業「ALE」は壮大なミッションに掲げ、人工流れ星を足がかりに異常気象のメカニズム解明や対策への貢献など、幅広い分野での事業展開を模索しています。 後編では代表の岡島さんが思い描く、人工流れ星を実現させたその先の未来に迫ります。 ■エンタメだけじゃない人工流れ星の可能性 井上 ALEが掲げている「科学を社会につなぎ 宇宙を文化圏にする」というミッションには、流れ星というキーワードは入っていないんですね。 岡島 そうなんです。ALEは、 「科学の発

スキ
15
【ALE】人工流れ星が私たちの未来を照らす~科学と社会をつなぐ世界初の宇宙エンターテインメント~【前編】

【ALE】人工流れ星が私たちの未来を照らす~科学と社会をつなぐ世界初の宇宙エンターテインメント~【前編】

遠距離恋愛の恋人同士を人工流れ星がつなぐ物語、エモすぎる……! でも天然の流れ星はいつどこで見えるのかはっきりしないうえに、実際に輝いて見えるのは1秒足らず。「消えるまでに願い事を3回唱えると叶う」という伝説もありますが、そんなの到底できなそう…。 「それならいっそ流れ星を自分たちで作ってしまおう」という型破りな挑戦をしているのが、今回お話を聞いた株式会社ALE代表の岡島礼奈さんです。ALEの開発する人工流れ星とは、いったいどのようなものなのでしょうか? 株式会社A

スキ
24
【withロボット】少子高齢化の危機をロボットが救う!?労働力を拡張する頼もしい存在ugo!《前編》

【withロボット】少子高齢化の危機をロボットが救う!?労働力を拡張する頼もしい存在ugo!《前編》

2019年の時点で、日本の65才以上の高齢者比率は28.4%。 皆さんもご存知の通り、深刻な少子高齢化社会だ。 このままでは労働力不足で、どんどん日本が衰退するんじゃないか? そんな不安を抱えている読者も多いかも知れない。 しかし人手が足りないのなら、ロボットを活用するという手がある。 ■逆境をチャンスに変える!日本ロボット大国への道!  ロボットの社会進出を進めるには、技術面の課題もあるし、 『ロボットが事故を起こした時の責任は誰が取る?』 などの法的・倫理

スキ
14
【IntegriCulture】細胞培養でアイドル牛爆誕⁉誰もがオリジナル肉をデザインする時代へ【後編】

【IntegriCulture】細胞培養でアイドル牛爆誕⁉誰もがオリジナル肉をデザインする時代へ【後編】

前編ではインテグリカルチャーが生み出した「純肉」と、低コストでの細胞培養を可能にした「CulNet™ System」について紹介しました。培養肉が一般に浸透した未来では、私たちの食卓はどうなっているのでしょうか? ■畜産農家のシゴトはどうなるの? お話を聞いていてひとつ気になったんです。 それを羽生社長にぶつけてみました。 培養肉とリアル肉で食肉市場のシェアを仲良く分け合えるならいいですが、安くておいしいなら培養肉がどんどんシェアを奪ってしまうのでは? 「畜産農家の

スキ
11
【IntegriCulture】サヨナラ食糧危機!細胞培養肉がつくる未来の食卓【前編】

【IntegriCulture】サヨナラ食糧危機!細胞培養肉がつくる未来の食卓【前編】

※上のお店はまだ存在しません。開店までもう少々お待ちください。 それはさておき、世界が直面する食糧危機。 食用動物の需要はどんどん増え、飼育する土地が足りない・餌となる食糧が足りない…といった問題が噴出しています。 牛や豚、鶏、羊など、グルメな人類がどんどん開拓してきた「食用肉」の歴史ですが、人口の増加によって畜産業は大きな危機にさらされています。 そんな危機に大きな希望をもたらすのが、細胞を培養してつくる人工肉。 国内で研究開発を行うインテグリカルチャー株式会社の

スキ
13
農業はエンタメだ!~IoT×野菜でゆるく繋がる新型農園コミュニティ~【前編】

農業はエンタメだ!~IoT×野菜でゆるく繋がる新型農園コミュニティ~【前編】

高度な機械文明が発達した地球。 人間の傲慢を見過ごせなくなった緑化星人は、 星を緑に染め上げるため、邪悪な人類を滅ぼそうと侵略を開始する。 「我々人間はもう終わりだ…」 絶望的な状況の中、誰もがそう思っていた。 たった一人、あの男を除いて―― ―――――――――――――――――――――――――――――――――― 【スタンド名】プランティオ(碧星大天帝) 【本体】芹澤社長 【破壊力】C 【スピード】D 【射程距離】A(都市規模)→EX(惑星規模) 【持続力】B 【精密動

スキ
37