未来想像インタビュー

61
「空飛ぶ車」の時代はもう始まっている!ファンタジーが現実になる日【後編】

「空飛ぶ車」の時代はもう始まっている!ファンタジーが現実になる日【後編】

いやー、こんな世界来てほしい! 超楽しいでしょこんなの。 え?なに?すぐそこまで来てるの? (自分で担当して一番楽しんでる編集部/齋藤) すでにプロトタイプは開発され、市場投入に向けた実験中だという「空飛ぶ車=エアーモビリティ」。 実際にこうしたエアーモビリティが一般に実用化されたら…? 走れる(飛べる)場所が増えて渋滞も解消? 山奥にある秘湯にも楽々アクセス? ヘリクルーズならぬ「エアクルーズ」できらめく夜景と吹き抜ける夜風を感じながらのプロポーズが大流行しちゃうか

スキ
8
「空飛ぶ車」の時代はもう始まっている!ファンタジーが現実になる日【前編】

「空飛ぶ車」の時代はもう始まっている!ファンタジーが現実になる日【前編】

地雷原の上も楽々クリアできてしまう「空飛ぶ車」があったら、取材会場にももう少し安全にたどり着けたことでしょう…。 遠い未来の都市を妄想するとき「車が空を飛ぶ」というのはよく思い浮かぶモノだったかもしれません。 そんな時代は来るはずない? それが実現しても100年後? ところが、この「空飛ぶ車」は着々と開発され、 今や「もうすぐ市場に出せるかな?」というところまで来ているんです! ■空飛ぶ車(バイク)はすでに誕生している! 「空飛ぶ車」こと「エアーモビリティ」の開発

スキ
13