未来想像インタビュー

59
「空飛ぶ車」の時代はもう始まっている!ファンタジーが現実になる日【後編】

「空飛ぶ車」の時代はもう始まっている!ファンタジーが現実になる日【後編】

いやー、こんな世界来てほしい! 超楽しいでしょこんなの。 え?なに?すぐそこまで来てるの? (自分で担当して一番楽しんでる編集部/齋藤) すでにプロトタイプは開発され、市場投入に向けた実験中だという「空飛ぶ車=エアーモビリティ」。 実際にこうしたエアーモビリティが一般に実用化されたら…? 走れる(飛べる)場所が増えて渋滞も解消? 山奥にある秘湯にも楽々アクセス? ヘリクルーズならぬ「エアクルーズ」できらめく夜景と吹き抜ける夜風を感じながらのプロポーズが大流行しちゃうか

8
スマホいらずでのぞかれる心配もナシ。網膜投射型スマートグラスでビジネスはこう変わる【後編】

スマホいらずでのぞかれる心配もナシ。網膜投射型スマートグラスでビジネスはこう変わる【後編】

網膜に直接レーザーの光を通し「投射」することで、視界に新たな映像を映し出す技術を生み出した株式会社QDレーザ。 前編ではその技術のしくみと、現在開発されている製品のスゴさを教えていただきました。 このARグラス技術を使って何をしてみたいか… まずはマサイ族ごっこ。 それから赤外線カメラとサーモグラフィーを駆使した、ガチ感高めの深夜のサバゲ―。 ARでしか見えないヒントを探す脱出ゲームなんかも面白そう。遊んでばっかりだな…。 そんな取材陣とは対照的に、菅原社長からは「

7
「自分の目」に直接映像を映す? 網膜投射型スマートグラスのスゴさに迫ってみた【前編】

「自分の目」に直接映像を映す? 網膜投射型スマートグラスのスゴさに迫ってみた【前編】

真っ暗な中でも障害物を見つけて華麗にかわし、子どもたちのもとへプレゼントを届けるサンタたち。 某小学生名探偵もメガネのレンズ部分に位置情報を映し出して犯人を見つけていましたし。「メガネ」を利用した映像技術は子供心をくすぐりますよね! そして、普段メガネやコンタクトレンズに頼っているアナタ。 視力に関係なく、遠くのものを見られたら…。そう思ったことはありませんか? ■網膜に直接投影するプロジェクター内蔵メガネ AR(拡張現実)によく使われるアイテムといえばアイウェア

7
【後編】真の多様性を手に入れろ!BipolarDiaryから見える新しい世界のハナシ

【後編】真の多様性を手に入れろ!BipolarDiaryから見える新しい世界のハナシ

グレ〇ラガン味あふれるマンガになってしまいましたが、 言いたいことはなんとなく伝わったのではないでしょうか…! もし、身近な人が精神疾患を発症したらなんて声をかければいいのか。 思わず「ゆっくり休んで、病気を治して戻ってきて」なんて言ってしまいそうだ。 ■どんな状況なのか・現状と認知度の低さ 普通なら、やさしい発言として捉えられるかもしれない。 しかし、精神疾患に完治という言葉はなく、置き換えるなら寛解という状態が世間で言う完治に近い。 治るわけではなく、ある種の小

10
【前編】真の多様性を手に入れろ!BipolarDiaryから見える新しい世界のハナシ

【前編】真の多様性を手に入れろ!BipolarDiaryから見える新しい世界のハナシ

BipolarDiaryをご存知だろうか。 双極性障害を持つ人や、その周囲の人々が利用することを想定しているスマートフォン向けアプリである。 ※双極性障害とは、うつ状態と躁状態がサイクル的に症状として現れる精神疾患。鬱状態での診断により「うつ病」と誤診されることが多い。 なぜ未来を想像するメディアで、メンタルヘルスを扱うのか。 しかしてその秘密は、ぜひ後編まで読んでいただきたい。 まずは、誰が何のためにこのアプリを作ったのか。 話はそこからだ。 ■「きっかけは恨

17