未来想像インタビュー

59
「空飛ぶ車」の時代はもう始まっている!ファンタジーが現実になる日【前編】

「空飛ぶ車」の時代はもう始まっている!ファンタジーが現実になる日【前編】

地雷原の上も楽々クリアできてしまう「空飛ぶ車」があったら、取材会場にももう少し安全にたどり着けたことでしょう…。 遠い未来の都市を妄想するとき「車が空を飛ぶ」というのはよく思い浮かぶモノだったかもしれません。 そんな時代は来るはずない? それが実現しても100年後? ところが、この「空飛ぶ車」は着々と開発され、 今や「もうすぐ市場に出せるかな?」というところまで来ているんです! ■空飛ぶ車(バイク)はすでに誕生している! 「空飛ぶ車」こと「エアーモビリティ」の開発

13
スポーツ3.0時代到来! テクノスポーツ「HADO」は無限の可能性を秘めていた【後編】

スポーツ3.0時代到来! テクノスポーツ「HADO」は無限の可能性を秘めていた【後編】

 渾身の力で編集長を目掛けて、拳を突き出した。  握った拳は小刻みに震えている。  存外、力を込め過ぎたのか、想いを込め過ぎたのか。  その拳から放たれたのは―――、“HADO”だった。 if編集長(仮)井田とライター齋藤の仁義なきHADOバトル。 勝敗の結果はさておき(負けた)、 めっっっっっっっっっちゃ面白かった!!!!!!!!!!!!! 単純に撃ち合うスポーツかと思いきや、意外と身体を動かさないといけないし、 エナジーボールの大きさ、スピード、チャージ速度、シ

6
スポーツ3.0時代到来!
テクノスポーツ「HADO」は無限の可能性を秘めていた【前編】

スポーツ3.0時代到来! テクノスポーツ「HADO」は無限の可能性を秘めていた【前編】

2030年── 1人の男が今、出所した── 「HADO」──── それはイフ編集部イチオシの未来感あふれるテクノスポーツ。 2021年にプロリーグ化を目指すこの競技は、スマートグラスが普及しきった未来の超イケてるスポーツになっているハズ!! 「公園でサッカーしようぜ」のノリで「HADOしようぜ」となる未来を目指し、勝手ながらその魅力を語りたいと思う。 とにかく、HADOが面白いことをなんとか伝えたい!!!!! 実際にプレイさせていただいた筆者だが、筆舌に尽くしがたいとは

12
フリーランスに自由を。対話アバターでつくる“意欲”と“刺激”が溢れる世界とは【後編】

フリーランスに自由を。対話アバターでつくる“意欲”と“刺激”が溢れる世界とは【後編】

みなさんはコミュニケーションって得意ですか? 私はどっちかというと、不得意な部類です。 人見知りです。 「そんなことないですよー」 「春馬さんが人見知りだったら俺はコミュ障ですよ」 とか言われますけど、 それは、後付けの超必殺技を常に出し続けている状態だからです。 超必を撃ち続けているってことは、それだけ体力の消耗も激しいんですよ。付け焼刃もいいとこです。 こんな私でも、株式会社UsideUの考える世界なら何か変われるんだろうか。 ■真なる自由が解放された世界で

5
コミュニケーションに自由を。対話アバターでつくる“意欲”と“刺激”が溢れる世界とは【前編】

コミュニケーションに自由を。対話アバターでつくる“意欲”と“刺激”が溢れる世界とは【前編】

人類は成長し続ける。 産業革命によってエネルギーを得て、 情報化社会の中で様々な可能性を見た。 そして、ヒトは自由になったのだ。 でも、なんだか不自由になった気もする。 息詰まるような感覚。 どん詰まりに見える世界。 周りを見渡すとスマホの画面を見つめたまま。会話しているはずなのに、目の前の相手はどこを見ているのだろう。 株式会社UsideUの考える新たな世界なら、そんな不自由さから解放されるのかも知れない。 ヒトという種族ではなく 個々人が自由になる世界―――

7